作品番号T−001

 白壇塗 雲鶴手桶水差 


白壇塗 雲鶴手桶水差(作 品 説 明) 
木地は栃を使用、丸太から轆轤挽きにてくりぬき持ち手のみを後から付けたものです。
白檀塗りは下地した表面に箔絵を描き、その上に呂色漆を塗りげる技法です。
白檀の名称由来は漆が透けて現れる箔絵の色合いが白檀の香木に似ているためです。
参考上代   :¥1,500,000
催事特別価格 :¥1,000,000

この作品に関する、お問い合わせ、御注文は下記アドレスから作品番号
をそえてお願いいたします。
mail2@ooka-kasyoan.com
辻 石齋展 TOPページへ
次の作品ページへ
copyright(c) 2000 takashi ooka/kasyoan
www.ooka-kasyoan.com